自分らしい葬儀スタイル|故人が喜ぶ式を行なう

婦人

最初にする大切なこと

箱を作る人

芦屋周辺に遺族が住んでいないという場合や早急な作業が必要となる場合などは、遺品整理業者の利用がおすすめです。相場を知る、料金を比較するためには、一括見積もりサービスが便利です。

Read More

宗教にこだわらない

葬儀

ゆっくりお別れできる

最近は社会の変化に伴い、仏教やキリスト教などの宗教や風習、形式にこだわらず、自分らしい葬儀ということで、祭壇や進行についても決まり事のない自由な葬儀を望む人が増えています。故人の趣味のものを祭壇に飾ったり、故人が生前好きだった音楽をBGMとして流したりまたは遺族や友人が演奏するなど、故人の人柄を偲ぶことを中心に、様々なスタイルがあります。仏式の読経やキリスト教式の讃美歌などといった特定の宗教色がないので、遺族間による宗旨の対立やいざこざが起こらないことや、伝統的な習慣にとらわれることなく遺族や弔問客がゆっくりとお別れできること、また、お寺に収めるお布施やお車代がないので費用が安くおさえられることなど、様々な利点があります。

トラブルを防ぐ

自由葬は様々な利点がありますが、注意しなければならない点もあります。日本ではほとんどの葬儀は故人に信仰があってもなくても仏式で行われています。生花を飾り祭壇を作り、2日間に渡って形式通り行われるのが一般的です。自由葬が増えているとは言え、葬儀は仏式で行なうのが当たり前という考え方の人は少なくありません。たとえ、故人が生前から自由な葬儀を望んでいた場合でも、新しい葬儀の形なので親族間で合意がとりにくいという問題があります。家族や親戚の理解が得られなければ、自由葬をあげることはたいへん困難になります。トラブルを防ぐためには、事前に家族や親族間でよく話し合い、打ち合わせや相談をしておくことが大切です。

新しい形の葬儀

合掌

最近は家族や親族だけで行う家族葬が人気です。家族葬には、比較的自由な形式で葬儀が行えることや、小規模ゆえに葬儀費用を抑えられるといった特徴があります。中には新しい形式の葬儀に不満を抱く人もいるので、家族葬を行う際はまず周囲の理解を得ることが重要です。

Read More

位牌を置くのに必要な家具

高齢者

葬儀のあと仏壇が必要になりました。これは宗教によって違ってくるそうです。金箔を使ったものは浄土真宗だそうです。黒檀や紫檀の唐木仏壇は宗教に関係なく使用できます。最近は洋間用のタイプも人気になっています。

Read More